サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

Fixer

傭兵は自分で仕事を取ってくることもできるが、二、三度裏切られてみれば――あるいは報酬代わりに銃弾を食らえば、信頼できるフィクサーの必要性に気づくだろう。きちんと自分の実力を示すことができれば、フィクサーから安定して依頼を回してもらえるようになる。彼らはクルーを選定し、報酬の交渉を行い(フィクサー自身の取り分にも関わるのだから当然だ)、トラブルが起きれば助けてくれる(どうしようもないヘマをした場合は、自力でどうにかするしかないが)。

フィクサーはまとめ役であり、代理人であり、仲介者だ。彼らはストリートの情報を集め、金払いのいい相手を把握し、いかがわしい依頼を嗅ぎ分けることができる。やり方はそれぞれだが、すべてのフィクサーは「雇った相手を決して見捨てない」という行動規範を守る。とはいえ、それはもちろん相互の信頼関係があっての話だ。試しにワカコ・オカダやパドレを裏切って、何が起こるか試してみるといい。

Advertisement