サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

NCPD[]

NCPD


ナイトシティ警察(NCPD)-この街が必要とする、この街にふさわしい法執行機関だ。ある街の実情を知りたいなら、その街の警察を見るといい。資金と人員不足にあえぎ、十分な装備も確保できないなか、NCPDの警官たちは日々、命の危険と隣り合わせで働いている。感謝もされない仕事に彼らの多くが情熱を失っていてもさして驚きはない。組織は無気力と腐敗のムードに支配されており、多くの警官が日々のストレスや仕事の性質から、過度に暴力的な行動を取りがちだ。

それでもまだ、市民の守り手としての信念を捨てておらず、都会のジャングルが完全なカオスと化してしまわないよう懸命に努力している警官はいる。彼らにとって、警察バッジは今でも特別な意味を持つものであり、銃は人を守り、市民に奉仕するための道具であり続けているのだ。そうした熱心な警官に遭遇すれば、大抵のギャングは手を上げてひざまずく。拒否すれば、まず間違いなく撃たれるからだ。

もちろん、真の力を握っているのは相変わらず企業だ。警察の公式スポンサーはナイト・コープだが、NCPDはアラサカとミリテクの恩恵も受けている。表向きの捜査が企業によって阻まれた時は裏で傭兵を雇い、警察の立ち入りが制限される企業管轄下のエリアから証拠を入手させることも多い。

しかし実情がどうであれ、困った時に市民が警察を呼ぶことに変わりはない。そして現場に駆けつけた警官は、持てる力の限り市民を守ろうとする。

Advertisement