サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement
{{#arraydefine:preset|2013,2020,2027,v3,red,2077,edge}}{{#arraydefine:input|{{#forargs:

|key |value | }}

}}ERROR AT ' IN GameIcon TEMPLATE. INVALID INPUT.

ロゴ

サイバーパンク2077(英:Cyperpunk 2077)はCD Projekt REDが開発・発売したオープンワールドアクションアドベンチャーです。本作はTRPG「サイバーパンク 2.0.2.0.(英:Cyberpunk 2020)」の公式ゲーム化作品として2012年に発表されました。

概要[]

サイバーパンク2077の時系列はサイバーパンク2.0.2.0.から続いており、サイバーパンクV3.0とは別の道を歩んでいます。ゲームの舞台となるナイトシティはサンフランシスコの南、カリフォルニア州モロベイ周辺に位置しており、サイバーパンク2.0.2.0.の時代のナイトシティ人口は500万人以上と言われています。

この世界では21世紀初頭に経済が崩壊しており、軍事、医療、バイオテクノロジーなどその他様々な高度な技術を扱いながらも、裏で法を犯している大企業にアメリカは頼らざるを得なくなっています。

このゲームでは企業が支配する最も暴力的で危険な都市、ナイトシティの傭兵「V」の物語を描いています。Vの性別や外見、ライフパスなどはプレイヤーが自由に設定することが可能で、特にライフパスはゲームの進行上に影響を与えることがあります。

ストーリー[]

このセクションには展開が必要です。 さらに追加するには、ここをクリックしてください。

プロローグ[]

この物語の主人公である「V」は相棒のジャッキー・ウェルズと共に、フィクサーアラサカ社から「Relic」というチップの強奪を依頼される。二人はチップを盗むことには成功するものの、計画中にアラサカ警備部隊の襲撃が発生、襲撃から逃れる際にチップの容器が破損してしまう。チップの損傷を防ぐためにやむなくVは自分の頭にチップを差し込む。脱出に成功する二人だがジャッキーは負傷により死亡してしまい、Vはフィクサーに裏切られ銃殺されてしまうが「Relic」の影響によって奇跡的に命を取り留める。しかしその代償としてVは「Relic」に内蔵されていたデジタル化したロッカーボーイのジョニー・シルヴァーハンドの魂に取り憑かれることになった。

ゲームプレイ[]

サイバーパンク2077は、プレイヤーが自分のプレイスタイルに合わせてキャラクターをカスタマイズすることが出来るFPSスタイルのオープンワールドRPGです。

本作は当初マルチプレイヤー要素を含むシングルプレイゲームになるとされていました。しかし、2018年初頭にはマルチプレイヤー要素が廃止された可能性があると報道されましたが[1]、2018 年 6 月に CD Projekt はマルチプレイヤー要素は「研究開発中」ではあるが発売時にはこの要素は搭載されないと明言しました。

ゲーム内の世界には天候が存在し、昼と夜のサイクルがあります。

視点[]

このゲームは一人称視点でプレイします。この視点に基づき銃や近接武器、インプラントなどを含む新しい戦闘システムが開発されました。乗り物を運転している際は三人称視点でプレイすることも可能です。

能力値[]

プレイヤーキャラクターには「能力値」という概念が存在し、レベルの上昇や特定のサイバーウェアのインストールによって上昇させることが出来ます。能力値は肉体反応技術知力意思の5種類があり、それぞれに関連するスキルやパークが存在します。

キャラクター作成[]

キャラクター作成時に、プレイヤーは性別を選択してキャラクターの乳房、臀部、性器の描写、および性器のサイズ変更などさまざまなカスタマイズが可能です(一部の項目はPC版のみ)。また、キャラクターの見た目に関わらず男性ボイス、女性ボイスの選択が可能です。他にも顔、髪、傷の有無、肌の色、化粧、ピアス、タトゥーなどのカスタマイズが可能です。

そして、プレイヤーはライフパスをノーマッドストリートキッドコーポレートの中から選択することが出来ます。

ゲーム開始後でも骨格など人体構造に関わるものはリパードクで、髪型やアクセサリーは鏡から変更できる。

探索[]

会話の選択[]

プレイヤーはNPCとの会話中に選択肢を表示され、黄色の選択肢はストーリーの進行に影響する重要な選択肢を表し、青色の選択肢は重要な情報を明らかにしたり、興味深い対話につながる可能性のある選択肢を表しています。

スキャン[]

クイックスキャンやスキャンモードに入ると周囲のオブジェクトをハイライトし、スキャンするとそれに関する情報を得ることが出来ます。なお、スキャン可能なオブジェクトには色がついています。

  • 敵:赤
  • Interactive objects: Blue
  • ジョブに関連するオブジェクト:黄色
  • ハック可能なオブジェクト:緑
  • Loot: icon

乗り物[]

乗り物に対しては進入、退出などの動作があり、乗り物の運転中はアクセル、ブレーキ、ハンドル操作、ハンドブレーキ、ヘッドライト、クラクション、視点の切り替えなどの動作があります。所持している車両を呼び出すと、プレイヤーキャラに最も近い位置に車両が向かってきます。

ファストトラベル[]

ナイトシティにはファストトラベル端末が存在し、使用することで瞬時に移動することが出来ます。また、ファストトラベル端末はプレイヤーキャラが端末に近づくことによって解除することが出来ます。

ジャーナル[]

ジャーナルには、利用可能なジョブ、アクティブなジョブ、完了したジョブ、およびその具体的な目的についての情報が含まれています。ジャーナルにアクセスするには、メインメニューから開きます。

動作[]

プレイヤーキャラの動作には歩行、見回し、しゃがみ、ダッシュ、ジャンプ、スライディングなどがあります。近くのオブジェクトを操作するにはそのオブジェクトに視点を向け実行するアクションを選択します。高度なサイバーウェアを身に着けていると2弾ジャンプ、チャージジャンプ、ホバリング、スーパーヒーローランディングなど使用することが出来ます。

開発[]

開発当初は50人体制のチームで開発されているとされていましたが、『ウィッチャー3』とそれに続くDLCの完成後、チームの規模が拡大し、CDPRのウェブサイトでは数十人の求人が出ていると報じられています。2018年初頭には、本作の開発を支援するためにポーランドに新たなスタジオが新設されると報じられました。[2]

サイバーパンク2077のリードクエストデザイナーであるPaweł Saskoはインタビューの中で、ストーリーに最も影響を受けたものは「AKIRA」と「Vampire The Masquerade Bloodlines」であり、ゲーム内のほぼすべてのクエストは、あなたが住んでいる世界の物語の一部を物語っていると述べました。

マーケティング[]

2012年、CD Projekt REDはマイク・ポンスミスと提携し、サイバーパンクのTRPGの世界を舞台にしたゲームのライセンスを取得したことを発表しました。2013年初頭にはタイトルの発表とティザートレーラーが公開され、優秀な人材を動員しゲームの開発を開始しました。E3 2018ではワールドプレミアが上映され、視聴者はゲームプレイ動画を初めて目にすることができました。翌年のE3 2019では、プロローグの出来事を描いたしネマティックトレーラーが披露されるとともに、キアヌ・リーブスがジョニー・シルヴァーハンドを演じることが発表されました。CD Projekt Redはその後、gamescom 2019でさらなるゲームプレイ動画を公開するとともに、発売日を2020年4月に決定したことを発表。しかし2020年1月には、ゲームの発売が9月に、そして更に2020年11月に延期されたことが発表されました。新型コロナウイルス感染症の影響により2020年のコンベンションはキャンセルされ、CDPRはNight City Wireを初公開し、新しいゲームプレイ動画を公開するとともに、ネットフリックスからCyberpunk: Edgerunnersのアニメが公開される事、Dark horse comicsからはトラウマチームを題材にした書籍が出版されることを発表しました。

2020年10月5日、サイバーパンク2077の公式アカウントはこのゲームの開発が正式に終了したことを明らかにしました。[3]

システム要件[]

1080p 解像度レイトレーシングなし:

  • GFX Settings: Low
  • System: Windows 7 or 10 (64-bit)
  • Processor: Intel Core i5-3570K or AMD FX-8310
  • Memory: 8 GB RAM
  • Graphics: GTX 970/AMD Radeon RX 470
  • VRAM: 3 GB
  • Storage: 70 GB of available space - SSD recommended

1080p 解像度レイトレーシングなし:

  • GFX Settings: High
  • System: Windows 10 (64-bit)
  • Processor: Intel Core i7-4790 or AMD Ryzen 3 3200G
  • Memory: 12 GB RAM
  • Graphics: GTX 1060 6GB/GTX 1660 Super/Radeon RX 590
  • VRAM: 6 GB
  • Storage: 70 GB SSD

1080p 解像度レイトレーシングあり:

  • GFX Settings: RT Medium
  • System: Windows 10 (64-bit)
  • Processor: Intel Core i7-4790 or AMD Ryzen 3 3200G
  • Memory: 16 GB RAM
  • Graphics: RTX 2060/Radeon RX 5700 XT
  • VRAM: 6 GB
  • Storage: 70 GB SSD

1440p 解像度レイトレーシングあり:

  • GFX Settings: RT Ultra
  • System: Windows 10 (64-bit)
  • Processor: Intel Core i7-6700 or AMD Ryzen 5 3600
  • Memory: 16 GB RAM
  • Graphics: RTX 2080S/RTX 3070/Radeon RX 6800 XT
  • VRAM: 8 GB
  • Storage: 70 GB SSD

Advertisement