サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

痛覚エディターと死亡率Cyberpunk 2077に登場する可読可能なチップである。

Transcript

チップ
痛覚エディターと死亡率

はじめに


“痛覚エディター”の名で知られているインプラントは、痛覚を軽減または完全に排除さえする サイバーウェアだ。ナイトシティの一部の使用者の間で長年愛されているが、その中でも傭兵 たちに圧倒的な人気を誇る。ゼータテク社はその傭兵たちを対象にして以下の研究を行った。


痛覚エディターは侵害受容器から脳の頭頂葉に送られる信号を抑制し、ユーザーが痛みを感じることを防ぐ神経コプロセッサである(註釈:一部モデルは疲労の症状も軽減する)。痛覚工ディターによる有益な効果は、感覚鈍麻の症状と類似する部分があり、肉体的拷問に対する抵抗力を高めたり、重傷による痛みを無視して短時間ながら常人の限界を超えられるようにしたりすることができる。


しかし一部の研究では、さまざまな副作用を発生させることが報告されている。例えば、自分の傷が至急手当が必要な重傷であることに気づかず、戦いを続けてしまうようなケースだ。統計結果を見ると、2020年以降、痛覚エディター所有者の死亡率は60パーセント以上。肉体のネガティブな反応が欠如することにより、合理的に考えれば逃げるべき状況のなかでも戦い続けてしまう原因になるという説を裏付けている。


この報告書では、ゼータテク社の痛覚エディターを使用するクライアントをいかに回避可能な 死から守るかについて述べていく[...]

Advertisement