サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

聖アウグスティヌスがおっしゃったように、この世に過ちを犯さない者はいませんが、進んで過ちを犯す者はサタンに仕えるも同然です。ファーディナンド法王1世とその継承者たちは、まさにこの罪を犯しています。キリストの教えを捻じ曲げ、テクノロジーとマモンの金の子牛を崇拝した罪です。彼らは自らの破滅を選んだばかりか、神の子羊たちもその道へと導こうとしています。コンラッド・ルワンドウスキー枢機卿は、愛する何百万もの永遠の魂たちのため、神が選ぶであろう決断をしました。彼はバチカンが救い主であるイエス・キリストを放棄したのを受け、聖座を率いるための推薦を辞退し、新設されたポーランド教皇を引き受け、教皇庁をポーランドのリベンへと移したのです。

1.ワルシャワカトリックの信仰は?

ワルシャワカトリックは唯一の真の神を信仰し、家族を神から賜った自然の法則に従い、先祖の血によって神聖なものとされてきた伝統に則ったものと定めます。


2.「神を信じる」とはどういう意味ですか?

唯一にして全知全能、我々の仕えるべき存在にして、愛と信仰をもって家族を作るべきだとおっしゃる神がいるという真実を受け入れることを意味します。神はかつてヨブに試練を与えたように、ポーランドにも試練を与えました。ポーランドこそが、神に選ばれた地だと証明されたのです。


3.神は誰に我々の信じるべきものを伝えたのですか?

神の唯一の子、イエス・キリストです。その声は現在、ポーランド国教会会議で選ばれた法王によって伝えられています。


4.神の言葉を信じるべき理由は?

救済され、天国で永遠の平和を得るためには、信仰しかありません。信仰を通して、我々は父や母が残した伝統に従って神を崇拝し、考え、ポーランド語を話すことができる、真のポーランド人となるのです。

Advertisement