サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

メガビルディングの陰でCyberpunk 2077に登場する可読可能なチップである。

Transcript


私たちは安定した時代に生きていると言えるでしょう。第四次企業戦争は今や過去の出来事となり、自由都市となったナイトシティはまるで美しい宝石のように2つのカリフォルニアの間で輝いています。ここで暮らしていると、すべて世はこともなしという思いに駆られるかもしれません。ですが、周りをよく見てください。

世界は平穏とはほど遠い状態にあります。2020年から2040年にかけての技術的後退によって地球の汚染水準は低下しましたが、人類は依然として大きな生存の危機に瀕しています。気候変動は気候災害ともいうべきレベルに悪化しました。その影響は取り返しのつかない傷跡を残し、予測のつかない危険を孕んでいます。ハリケーンに竜巻、干ばつや洪水。自然災害は大陸全土で激しさと頻度を増し、地域全体を壊滅させかねない勢いです。きれいな水はますます入手困難になり、肥沃な土地も確保しづらくなっています。企業が関心を示さなかったばかりに、垂直農法、水耕栽培の植物工場が建てられなかったアジアやアフリカでは、飢えや食料不足が今も人々の命を奪っています。

一方で、サイバーウェア改造技術の進歩が新たな問題、サイバーサイコシスを引き起こしています。この病気が知られるようになって半世紀以上が経ち、その発症がインプラント施術の程度と密接に関連していることもわかってきました。しかし、他の人より暴力行為に走りやすい人がいるのはなぜか、その理由はいまだ不明なのです。ほかにも、格差の拡大や犯罪率の上昇(ナイトシティのような場所も例外ではありません)、移民の増加による社会不安の高まりなど、深刻な問題が世界中で広がっていることも忘れてはいけません...

ここでもう一度、最初の訴えに戻ります。皆さんの周りをよく見てください。もはやこうした問題はナイトシティでも珍しくないはずです。あなたはメガビルディングの陰にたたずみ、「ナイトシティはナイトシティだ。世界の問題が自分に害を及ぼすことはない」と思っているかもしれません。


でも、本当にそうでしょうか?

Advertisement