サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

サイバーサイコシスの真実Cyberpunk 2077に登場する可読可能なチップである。

Transcript

チップ
サイバーサイコシスの真実

私たちの世界は、徹底的に非人間化されるようになっている。機械による自動化や人工知能にますます頼り、愛する家族は生まれつきの目や唇、顔を金属の仮面に変えている。一部の人たちは人間とは何かを忘れ始め、完全な疎外感と根深いパニックに陥っている。何が本物で何が“ただの”人工物、あるいはデジタル、合成物なのか区別する能力を失った人々は、自身を孤立させ始め、他人に対する共感を失い、加虐的な傾向を見せ始める。しかし特に恐ろしいのは、こうした人の大多数が診断されないまま生活していることだ。

サイバーサイコシス患者が全員、名の知れた退役兵やサンデヴィスタンの反射神経テックを備えた元傭兵というわけではない。全員がマックス・タックに撃ち殺されるわけでもない。世間にいる多くのサイバーサイコシス患者は膝や肝臓など、たった1つのインプラントをインストールしているだけだ。彼らは誰の目にも映らず、存在を気づかれていない。部屋に閉じこもり、友達や同僚、家族をも突き放す。ネットと妄想以外の世界は、意識から消え去っている。彼らは病気を抱えて孤立しており、そのことについて誰も、何も手を打っていないのだ。

これ以上、説得力のある要約などしようがない。このマニフェストの価値は、私がこれを書いたことによってゼータテクのサイバネティクス研究チームから追放されたという事実から評価してもらえばいい。

Advertisement