サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

サイバーウェアの使用とその副作用Cyberpunk 2077に登場する可読可能なチップである。

Transcript


多くの人は、我々が“不可能”という言葉が陳腐化した時代に生きていると信じている。リパードクに頼めば、足の親指から神経系の一部に至るまで、人体のほとんどの部位を人工インプラン トと交換できる時代だ。しかし、長くに渡ってトラウマ・チームで働く中で、私は“不可能”がまだ 十分に可能であることを学んだ。21世紀の終わりにさしかかっている今でも、まだ体内にサイ バネティックスを入れることによって発生する全ての副作用を排除できないでいるのだ。一般 的にサイバーサイコシスと呼ばれる精神疾患については誰もが知っているだろうが、副作用は 決してそれだけではない。医学の進歩により、その影響は最小限に抑えられてはいるものの、 サイバーウェアに対する拒絶反応はまだ一部の人間に起きている。さまざまな合併症が存在 するなかで、最も一般的なものは以下の通りだ:


1. 免疫反応 - 体がインプラントを拒絶し、瘢痕組織が痛みと周囲組織の炎症を起こすほど、あるいはテックの電子基板の働きを阻害しかねないほどに形成される。


2. 精神面の影響 - 神経系インプラントは脳に予測不可能な変化を起こす可能性がある。副作用として考えられるのは、鬱状態、無気力、幻覚症状、賭博を含む中毒行為の突然な増加。


3. インプラントへの過度な依存 - 同じ人工部位を長くに渡って使用していると、脳の化学的性 質が特定タイプのインプラントに順応して変化することがある。患者がキロシ光学のオプティ クスインプラントを別のモデルに取り換えようとしたところ、視力を恒久的に失ったケースが複数報告されている。


こうしたリスクを、消費者と医療関係者はどう見るべきだろうか?0.5%の可能性で視力を失っ てしまったり、カジノで貯金を使い切ってしまうかもしれないからといって、サイバネティックス による強化は避けるべきなのだろうか? 答えは明らかに“ノー”だ。サイバーウェア技術は人間の生態を、このような”たられば”の話をするのが馬鹿らしくなるほどのレベルにまで引き上げ た。リスクを最小限に抑えるための一番のアドバイスは、購入したいサイバーウェアの技術医療 データをあらかじめ読んでから取り付けるかどうかを決めることだ。

Advertisement