サイバーパンク(Cyberpunk) Wiki
Advertisement

アラサカ・アカデミー:トップクラスの学校か、それとも トップクラスのための学校かCyberpunk 2077に登場する可読可能なチップである。

Transcript

チップ
アラサカ・アカデミー:トップクラスの学校か、それとも トップクラスのための学校か

「ナイトシティ・パースペクティブ」による中等教育ランキングが公開され、アラサカ・アカデミーが4年連続で1位に輝いた。なお、同誌が得る広告収入の大部分はアカデミーの親会社からきているが、編集スタッフはそれがランキング影響することはないと断言している。

記事内の教育エキスパートたちは、アラサカ・アカデミーのインフラは唯一無二であるとしており、仮に多少のバイアスがあったとしても、この点においては反論の余地がないだろう。授業は主に仮想現実で行われ、AIが各生徒グループに適した授業プランを作り上げる。公立校では決して実現できない教育方針であり...大企業に勤めていない中流家庭の親たちが、子供をアカデミーに通わせるために生涯ローンを組むケースが増えていることも不思議ではない。

しかし、アカデミーには隠しきれていない不都合な事実がある。アカデミーの運営陣は次世代の大企業役員を育成すべく、生徒間の建設的な競争を推奨しているが、それは結局、教育の場で企業の出世競争を再現しているだけではないだろうか。

また、「ナイトシティ・パースペクティブ」はランキングの決定に卒業生の企業幹部着任率を考慮に入れており、筆者もそれ自体に異論はない。しかし、生徒の中退率に関しては一切の言及がないのだ。アカデミーの生徒らは常に大きなプレッシャーに直面しており、強い不安やうつ状態に陥ることが多く、場合によっては自殺に至る生徒も存在する。また、精神の健康を損なう生徒の数は、アラサカに勤める親を持たない者の場合、さらに上昇することも述べておきたい。これだけでも、ランキングを鵜呑みにできない十分な理由となるのではないか。

記事を読んでいただき、そして真のジャーナリズムを支援していただき、ありがとうございます。他にも数多くの不都合な事実をブログにまとめておりますので、ご興味がある方は是非ご一読ください。また、今後も執筆をつづけられるよう、寄付にご協力いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

Advertisement